結婚式 ドレス

結婚式 ドレス!着たいウエディングドレス

ウェディングドレスの変遷

 

ウェディングドレスと聞くだけで、女性ならウットリとします。
未婚の女性はどんなのを着ようか夢をみるでしょうし、既婚女性は自分の着たドレスを思い出したり、反省もしたりするのではないでしょうか。
このウェディングドレス、多様化されていて今はどんなデザインも自由に選べるように思いますが、
ここまで来るには変遷がありました。
日本の結婚披露宴でウェディングドレスを着る女性が現れたのは、1960年代で当時はほとんど肌の露出の無いものだったそうです。
その後80年代には伝説のウェディング、故ダイアナ妃のロイヤルウェディングがあり、その長い長いベールとトレーンに誰もが魅了され、影響を受けた女性たちに大人気となったのは長いトレーンと袖にボリュームのあるドレスでした。
最近では定番となっている、セクシーなマーメイドラインや、袖無しのものを着る女性が増えたのは2000年代と意外と遅いものでした。
2010年となると更に多様化し、ベアトップにワンショルダー、キュートなミニスカートと女性は自分を一番引き立ててくれるドレスを自由に選んでいます。
ウェディングドレスを選ぶコツは、自分の短所をまず最初に知ることなんだそうです。
それを知った上で、長所をいかすデザインを選ぶ、これが大切なんだそうです。

結婚式 ドレス!着たいウエディングドレス記事一覧

我が家の一人娘はアラフォーでまだ独身です。結婚する意志はあるのですが、自分では探すことをしません。無論、お見合いはしたくない、と言うのですから、縁遠くなるのは仕方の無いこと。でも、ウェディングドレスに対する憧れはあるようで、まだ30歳そこそこの頃、銀座に買い物に出かけて見たウインドウのウェディングドレスがすごく気に入ってしまいました。すっきりとしたAラインのツーピースタイプで、若い女性向きではない...

披露宴に列席して何が楽しみかと言ったら、やはり花嫁さんのドレスですよね。いつもよりうんと綺麗な花嫁さんの選んだドレスを見るのがとっても楽しみです。かつては多いときには5回お色直しをする花嫁もいて大いに目を楽しませてくれました。一番最初は白無垢、その次が大振り袖、白のウェディングドレスの後はカラードレスを着て、最後の見送りにはカクテルドレスと、着たいものを全て着るとこうなるんですよね。花嫁さんが高砂...

自分らしい個性を存分に発揮するシーンの結婚式ですが、日頃からエコロジーやオーガニックに強い関心をもつ人が増えてきました。そんな中日常だけじゃなくハレの日である結婚式で、いつもの自分らしくナチュラルなものを着たいという要望からうまれたのが、オーガニックコットンのウェディングドレスです。ほとんどのドレスは、フルオーダーもしくはセミオーダーで、デザイナーさんと相談しながら素材から選んでいきます。デザイン...

過去に結婚式MCだった経験と、自分の結婚パーティーでの体験も含めて記述させて頂きます。新郎新婦の衣装を決める場合、会場の雰囲気との調和がとても大切です。例えば、大きな会場の場合、腰からふんわりと広がるプリンセスラインかAラインのドレスがお勧めです。ゲストハウスウエディングなどの専門式場で行う場合やレストランハウスの場合、移動スペースが限られているので、逆にそのような会場ではマーメイドスタイルかエン...

page top