お呼ばれ!結婚式ファッションの選び方!結婚式にお呼ばれした時の衣装って悩ましい…

結婚式 ドレスの選び方

大切な友人や親族の結婚式…あなたはどんな服装に身を包みますか?

 

やはり結婚式というお祝いの席にふさわしいような、華やかで、かつマナーにもきちんと気を配ったファッションを整えたいですよね。
特に重要視すべきは、「結婚式」という場のマナーに関してです。
マナー違反な服装で出席してしまうと、白い目で見られるばかりでなく、新郎新婦や友人とのその後の関係性にも支障をきたしてしまうこともあります。

 

ここでは結婚式のファッション選びを中心にお話ししていきたいと思います。

 

まず、絶対的に『NG』とされているのが、白いドレスを着て出席することです。
これはもはや、説明させて頂くまでもないほど一般的なルールかもしれませんね。
結婚式において白いドレスを着ていくのは、花嫁に対する侮辱と取られたりすることもありますし、
世間知らずで言い訳がきくレベルのミスではありません。ドレス選びの時の大前提にしましょう。

 

そして次に避けたいのが、セクシーすぎるドレスです。体型にぴったり沿うようなデザインのもの、また露出度が高いものが該当します。
ボディラインを美しく見せたい、というのは全ての女性の願いかもしれませんが、こと結婚式においてはふさわしくないと言わざるを得ません。
出席するのが新郎新婦の親族と少数近しい友人のみならば、まだ許されることもあるでしょうが、例えば新郎新婦の会社の方などが出席されているようなフォーマル度が強い場合には「品がよくない」とひんしゅくを買ってしまう事もあります。
また、柄があったり、派手すぎたり、シルエットが珍しすぎたりするものも避けましょう。

 

注意すべきはドレスだけではありません。
例えば、履物に関しては、「ミュール」はあまり好ましくないととられるようです。
最近では、『ストラップがついていれば問題ない』や『レストランや二次会など、カジュアルな雰囲気ならオッケー』と言う意見もあるようですが、
どんな方が出席されるのか分からない以上、非難を受ける可能性があるものはやはり避けた方がいいと言えます。
そして小物に関しても、ファーのついたものは殺生に関わりがあるとされ、結婚式の場には相応しくありません。

 

 

ここまでが、周囲の人に不快な思いをさせないように気を配るべき最低限のルールです。
もちろん以上の事が全てとは言えませんが、結婚式のファッション選びの大前提となるラインです。
それを守ったうえで、自分に似合うドレスを選んでみてください。
大切な友人などの結婚式を少しでも華やかに、そして上品に彩ることも、出席する側にできるお祝いの一つです。

 

 

 

 

結婚式にお呼ばれした時の衣装って悩ましい…

 

ここ数年で自分も含め、何人かの友達が結婚しました。

 

その時に毎度毎度悩むのが結婚式に出席する際の衣装。

 

共通の友達がいなければ同じ服装でもいいのかなぁと思うのですが、さすがに共通の友達がいると衣装も同じとはいかず…。

 

どうしても結婚式に出席するときって、女性はドレス風な感じになりますよね。

 

これって普段着るにはちょっとって思うものが多いんですよ。

 

それを1回こっきりってもったいない!

 

ドレスって安くないし、それなりにって思うと○万とかフツーなので…。

 

アクセサリーだって、友達の結婚式が数年空けばまぁいいかなとも思いますが、続いちゃうと同じものをしていくのは悩ましいです。

 

で、いつも衣装を選ぶときには、「式が終わった後でも着れるもの」を選ぶようにしています。

 

もちろん、あまりカジュアルすぎるのは良くないので、素材感とか形とかはちゃんと考えて選んでます。

 

春先とかはキレイ目の色のものが多かったりするので、結婚式の予定がわかっているときは先回りして買っちゃったりとかしてます(笑)

 

そのあとに小物とかバッグとかをのんびり買い揃えたり。

 

先日の友達の結婚式にはビジューのついたキレイ目ワンピースを購入して、カラータイツをはいておしまい(笑)

 

ビジューもあるので、アクセサリーはピアスと髪飾りをちょっとするくらいでお安く済みました。

 

友達によってはドレスのようなモノとかスーツっぽい感じのものとかを着てましたが、結構かかったんだろうなぁと推測してました。

 

 

それでも、買ったワンピースは若干お蔵入り傾向にありますから、結婚式用で買った衣装はますますタンスの肥やしになっちゃうのではないかと思います。

 

お祝いの席でケチケチしたことは考えたくないですけどね(苦笑)

page top