私の結婚式のファッション

初めて友人の結婚式に招待されたときのこと

私が初めて友人の結婚式に招待されたときのことです。

 

私は20代中頃で、高校時代の同級生が結婚が決まったというので、もちろん参加させていただくことにしました。

 

私が中学生の頃に結婚した、いとこの結婚式以来の結婚式でした。

 

成人して初めての結婚式で、着ていくドレスは持っていませんでした。

 

そこで仕事の休日を利用して、繁華街に買い物に出かけることにしました。

 

デパートや専門店を何件か周って、探しました。試着もして、可愛いと思うワンピースがあったりもしましたが、高い買い物なので慎重に、と思い、店を練り歩きました。

 

そうしてデパートの中の、ある1軒の、洗練された静かな雰囲気の洋服屋さんに辿り着きました。

 

その店に飾ってあった、一着のワンピースがとても素敵に見えました。店に入ると、店員さんが接客してくれ、早速その洋服を試着させてもらうことになりました。

 

素材がさらりと涼しく、柔らかく、とても良い着心地だと思いました。

 

カラーも落ち着いた水色で、清清しい印象で気に入りました。

 

少し変わったドレスで、袖なしワンピースの上から、同じ色の同じ素材のシャツのようなデザインの服を重ね着する形になっていました。一緒に着ても、同色同素材で、一着のワンピースを着ているような感じの服でした。

 

店員さんは、「この服はこの地域では、他に持っている人はいませんよ。」と言っていて、好奇心もくすぐられました。

 

しかし値段が5万円以上する服で、就職したばかりの私には、とても高価な洋服だと感じました。

 

迷ったものの、それまで見てきた中で一番こころ惹かれたので、そのワンピースを買うことにしました。

 

派手さはないですが、落ち着いた雰囲気の服で、私は結構気に入り、それから結婚式や二次会に出るときは、その洋服ばかり着て出席するようになりました。

 

高価な洋服だったので、着なければ元が取れないという思いもありました。

 

買ってから10年以上経ちますが、その服は現在も愛用しています。

 

シンプルなデザインなので、今着ても、年齢的にも違和感はありません。

 

よれないし、しわにならないし、買ったときのままのようです。高い買い物をしたけど、それだけ品質の良い商品だったのかなと思います。

page top