結婚式・披露宴のゲストのファッションドレス選び

結婚式・披露宴のゲストのファッションドレス選び

結婚式に招待された女性にとって当日のファッションほど悩む事はないでしょう。

 

新婦とかぶらないよう好きそうなカラーは外したり、あまり高価なものは手が出ないですがチープに見られるのも嫌です。以前と同じメンバーが来る披露宴には過去に着たドレスは避けたいなど、考えれば考えるほど何を着ていいのかわからなくなります。

 

私自身もいつも悩みます。心がけていることはやはりフォーマルの場ですから上品に見えること、下品に見える露出の多すぎるファッションは控えます。最近ですとミディアム丈ドレスがトレンドですのでたくさん販売されています。トレンド感もアップできて助かっています。

 

そしては私が絶対的にこだわっているのは、カラーです。もちろんホワイトは論外ですが、ブラックも選ばないようにしています。黒でまとめれば無難だし、それ相応のスタイルになるので楽ですが、せっかくのおめでたい席ですしわざわざ暗い色を着る必要はないと思っています。以前参加した披露宴でブラックのドレスとブラックのヘッドドレスをしている女性がいて、お葬式かと驚きました。

 

私が今まで着た結婚式お呼ばれドレスの中で一番高評価だったものは、イエローのワンピースです。トップはカギ編みになっていたので、インナーにはペチコートを着ました。派手かと思ったのですが、新婦からみんなシックだからパッと明るい色を着てきてくれて嬉しいと喜んでもらえました。

 

そしてもう一つ印象的だった思い出があります。仲がよいグループのひとりの披露宴では、海外のブライドメイドを参考に同じデザインで色違いのパーティードレスをみんなで着ました。新婦はもちろんですが、新郎にもその親族のみなさんにも喜んで頂け、ちょっとしたサプライズにもなりました。メンバー全員で選んでいるときからとても楽しく、結婚式当時みんなで揃えたドレスを着て鏡の前に立った時は、自分でも感動したのを覚えています。

 

結婚式の主役はもちろん新郎新婦ですが、招待された女性にとっても自分を表現する為にドレス選びは重要です。これからも上品かつ披露宴に来ている人全員に喜んで頂けるような素敵なドレスがみつかればと思っています。

 

結婚式参加時のドレス

 

春秋の結婚式シーズンになると、土日等の電車内は、通常のファッションではない人たちが乗っています。

 

男性は全員がブラックスーツ、シルバーグレイのネクタイで全員があまり変わり映えはしません。

 

なにしろ便利なこのブラックスーツ、1着持っていれば慶弔どちらにも使用可能ですから、非常に便利です。

 

ただし個性はありません。全員が同じなのですから。

 

わが主人はお洒落なので、同じブラックスーツでも慶弔使い分けていますし、季節も考えて法事用は冬用と合い用の二着用意しています。

 

お祝い用は室内が主で、厚手のスーツは必要ではありませんから、四季を通して着られる生地でのダブルのスーツと、仲人用にグレイと黒のストライプのズボンとシルバーのベストを合わせて、「燕尾服」に近い装いになるようにしました。

 

何かの男性用ファッション誌を参考にしたのですが、「燕尾服」など一般市民には全く必要のない服ですから、こんな略式の正装でも格は感じられました。

 

面白かったのは、親族の仲人をしたとき、花嫁・花婿と一緒にお色直しまでやってしまったこと。

 

親族間の砕けた披露宴でしたから、許されたのでしょうが、みんな面白がっていましたし、それはそれで盛り上がって大成功ですから、今さら文句は言いませんが、まったく呆れたものです。

 

仕事で豪華客船に乗船して記事を書く、という経験をしたときに、夜の略装「タキシード」
が必要になり、誂えたことがあってクローゼットに仕舞いこんでいたので「チャンス到来」と思ったようです。

 

ちなみに夜の正装は「燕尾服」とのことです。

 

靴はエナメルの黒、蝶ネクタイ、カフスボタンと付属品も本格的でした。

 

結婚式は午前中、披露宴は昼食をはさんだ午後が多いのですから、タキシードは行きすぎだと思いましたが、何も言わずに私は一人留袖姿でフルコースしっかり頂ました。

 

主人は食べ損なっていました。

page top