姪の結婚式にアクセサリーの色直しをしました

姪の結婚式にアクセサリーの色直しをしました

親族の場合は、結婚式に出席するときは、式と披露宴とに出ることになります。

 

結婚式には厳粛な雰囲気を壊さないように、ごくフォーマルな服装が要求されますから、和服なら留袖か軽くても訪問着、洋装ならアフタヌーンドレスかフォーマルな雰囲気のスーツやアンサンブル、いうことになります。

 

近年は「レストランウェディング」も流行っていて、これほどフォーマルなものでなくとも、気軽な雰囲気の服装で出席も可能なようですが、きちんとしたホテルなどの結婚式では、お相手の方の親族ともお会いする訳ですから、あまり砕けた服装は失礼にも当たります。

 

私はその時その時の結婚式や披露宴に合わせて、留袖にしたり、洋装で出席したりと変えています。

 

仲人の場合は、しっかりと留袖ですが、親族の結婚の場合は洋装が多くなります。

 

なにしろ和服は、着付けが大変ですから。

 

それに、わが夫の親族は何故か和服が少ないのです。

 

夫の兄弟姉妹は6人ですが、長兄のお嫁さんが毎回洋装です。

 

ロングスカートに軽い場合はフォーマルなブラウス、きちんとした場合はロングのスーツですから、下の義姉たちも右に倣えで洋装です。

 

私も黒いベルベットのロングスカートとノースリーブのブラウス、長袖の上着のアンサンブルで出ることが多いのですが、式にはきちんと上着を着て白パールのアクセサリーを、披露宴では上着を脱いでグレイパールのアクセサリーに変えて、と変化をつけています。

 

自分が楽しみたい、だけですが…。

page top