花嫁さんは結婚二次会では少しリラックスした等身大の自分らしいドレスを

二次会のドレスもこだわって選ぼう

花嫁さんは結婚式の二次会のドレスを自分で用意するのも楽しみの一つです。

 

挙式や披露宴では、ホテルや会場が提携しているドレスショップの高価なドレスを着ることが多いと思いますが、

 

二次会では少しリラックスした等身大の自分らしいドレスを選んでみるのもおすすめです。

 

親しい友人たちとゆっくり過ごせる二次会は、動きやすいナチュラルなドレスや、挙式とは全く違うスタイルのドレスがいいですね。

 

入場した瞬間に皆がわぁっと声を上げるのを聞くのもなんだかいい気分です。

 

二次会用のドレスは挙式場がレンタルしてくれる場合もありますが、どうせなら自分で探してみてはどうでしょうか。

 

最近ではかなりお値打にレンタルできるネットショップもありますし、数万円で購入できるドレスもあります。

 

色々なショップを見て回って自分で決めるのは本当に楽しいですよ。

 

ドレスに伴って、ブーケや靴、アクセサリーの手配も必要です。

 

披露宴と同じものを付けていたのでは、なんとなく気持ちが切り替わりませんよね。

 

ブーケは造花でも構わないので、自分で手作りしてみるのもいいですね。

 

最近では手に持つブーケだけではなくて、腕にくくりつけるリストブーケだったり、バッグ型のブーケだったり様々なタイプが流行っています。

 

手作りは難しく思われがちですが、意外と簡単にできるものですよ。

 

アクセサリーを考えるのも楽しいですね。

 

ドレスに合わせてぴったりのものを探すのはワクワクします。

 

アクセサリー一式をレンタルするのもいいでしょう。

 

友人などの結婚式に参加することは何度もあっても、自分の結婚式は人生で何度もあるものではありません。

 

準備は大変ですが、どうせなら後悔しないように完璧に準備したいものです。

 

ウェディングドレスは花嫁しか着ることのできない特別なものです。

 

とことんこだわって選んだドレスは一生思い出に残ります。

 

 

 

 

 

 

 

明治記念館での結婚式二次会はプチゴージャスに!

 

五月に大学の友人の結婚式二次会が明治記念館で行われました。

 

今までカジュアルレストランでの二次会は何度か経験していたものの、明治記念館という格式高い場所での二次会ということで、着て行くものに困りました。

 

そこで、百貨店巡りをして色々リサーチを開始。

 

その結果、二次会ということで、華やかな色をチョイスしつつ、ドレスの形を少し抑えめにすることにしました。

 

ピンクや黄色などの原色も少し迷ったのですが、格式を考えて、肌色に近いシャンパンゴールドに決定。

 

一番迷ったのは形なのですが、スカート部分が膨らんでいたり、フリルがつきすぎているとゴージャスになりすぎてしまうということで、A型ワンピースに決定。

 

全体のフォルムはストンとした半袖ワンピースですが、肩の部分にちょっとしたレースが入っているので、華やかで少し大人びた印象に仕上げることができました。

 

アクセサリーも金に統一し、靴はヌードカラーのヒールにクリスタルとレースのアクセサリーをつけました。

 

レースと金色、ベージュの合わせ方が全体に派手すぎないまとまりを持たせたのも良かったかもしれません。

 

結婚されたお友達にも、周りのお友達にも「いつもより大人で艶やかに見えるね」とほめてもらっちゃいました。

 

派手すぎないドレスと小物の色合わせ、試してみてくださいね!

page top