結婚式 ドレス!二次会

結婚式 ドレス!二次会

 

 

結婚式お呼ばれファッションの選び方

友人や知人の結婚式にご招待されたら、、何を着ていこうか迷いますよね!
そこで結婚式のお呼ばれに来ていくドレス選びのポイントをご紹介します。

 

まず気を付けたいのが露出についてです。
結婚式は新郎新婦の会社の方や親せきなど年齢性別など様々な人が参加する場です。

 

余りにも露出が高い服装は、場にそぐわないので気を付けましょう。

 

ドレスの場合はひざが隠れる程度の丈を選び脚が見えすぎないようにします。
また、ノースリーブやキャミソールワンピースのように肩がでるデザインのものはストールやボレロなどを羽織り
肩を見せないファッションにしましょう。

 

次に、あくまで結婚式の主役は花嫁です。

 

かわいいからという理由で白いドレスを選ばないようにしましょう!
結婚式の白は花嫁だけのものです。
ただし、真っ白でなく一部に白がはいっている程度であれば問題ありません。

 

その他、季節や呼ばれる式の雰囲気を意識することも大切です。

 

例えば冬の結婚式であまりにも薄着だと寒々しい印象を与えてしまいます。
冬の結婚式の場合は、多少袖があっても素材が薄手の場合はストールを羽織るなどしましょう。
挙式後は野外でブーケトスや写真撮影がおこなわれることも多いのでその際にも寒くて早く中に入りたい!という
事がなく式を楽しむことができます。

 

また、新婦が若い場合は黒や紺などおちついた色よりも赤・青・ピンクなどの明るめの色のドレスを選ぶと
式に花を添え明るい印象の結婚式になります。
反対に新婦がある程度の年齢になっている場合は年配の参列者が多いはずですので少し落ち着いた服装を選ぶと
浮いてしまうことがないでしょう。

 

ウェディングの服装の工夫

結婚適齢期ともなれば、結婚式や二次会にお呼ばれすることも多くなることでしょう。しかしながら、同じグループのメンバーが立て続けに結婚となれば、パーティドレスが必要となってきます。しかしながら、金額的にも場所的にもそんなに何枚も買って保存しておけるものではありません。
かといっていつも同じのを着ていくわけにはいきません。
そういうわけで、私はときどきレンタルをします。友人などに借りることもありますが、汚さないか気を使うので、インターネットでパーティドレスレンタルをすることもあります。これなら買うよりも安く済むし、保存場所にも困りません。また毎回別のものを借りることができるのでとても便利です。
また別のメンバーでそのパーティドレスを見られていない場合はいつも着ているものでいいと思います。二次会のみの場合は、のちのち普段着としても着れそうなワンピースを購入し、着ていくこともあります。服だけだとそこまでフォーマルに見えなくても、ネックレスやストールなどで工夫することで、パーティぽい服装になることもあります。そのため、小物はいろいろそろえてもいいのではないかと思います。
工夫して結婚式や二次会に参加することが必要だと思います。

結婚式 ドレス !二次会記事一覧

花嫁さんは結婚式の二次会のドレスを自分で用意するのも楽しみの一つです。挙式や披露宴では、ホテルや会場が提携しているドレスショップの高価なドレスを着ることが多いと思いますが、二次会では少しリラックスした等身大の自分らしいドレスを選んでみるのもおすすめです。親しい友人たちとゆっくり過ごせる二次会は、動きやすいナチュラルなドレスや、挙式とは全く違うスタイルのドレスがいいですね。入場した瞬間に皆がわぁっと...

甥夫妻の仲人をしました。お嫁さんの「自分だけのウェディングドレスが欲しい」という言葉に、一緒に買取のドレスを原宿で3軒くらい見て回りました。幸い、3軒めで気に入ったドレスが見つかり、手袋や靴まで揃えられたので、ホッとしました。見つからなかったら何軒探し回ったか、彼女の性格ではやりかねない雰囲気でしたから…。割とシンプルなデザインで、価格も手ごろでした。お店のスタッフが「レンタルするより、少しだけ高...

page top